だしを活かした料理で穏やかに暮らす

なんだか、雨ばかり。

今年は梅雨が長いですね。

コロナ禍で限られる日常。

そんな毎日の中、

50代になると、

だしの効いた料理は、

なんだかホッとします。

今日は、

和風ハンバーグを作りました。

和食には明らかに、

調味料の割合があり、

合理的な料理。

だから、好き。

★煮物にも使う調味料割合。

水 10

醤油 1

みりん 1.5

酒 3

和風顆粒だし 0.5

※私はほんだしが一番おいしい、と思っています。

今回は

水200cc、醤油大さじ1強、みりん大さじ2、ほんだし小さじ2でだし汁を作り、片栗粉大さじ1水大さじ2でトロミをつけて、ハンバーグにかけました。

地元で私が一番品質がいいと思っている、フレッセイさん。フレッセイさんのハンバーグを使いました。控えめな味付けをされているので、ソースの味が引き立ちます。

だしがきいていて、

なんだか料亭の板場さんが作ってくれた

和風ハンバーグ、みたいな味に出来上がり、

ホッとした気持ちになりました。

コメントを残す